USB関連一覧

TYPE-C対応でもPDとは限らない

メインで使っているスマートフォンがiPhone8ですが考えてみたらQi(チー)と言う無線充電機能があります。iPhone8が発売された当初は色々な充電器がでていましたが最近はあまり見なくなりました。再任CheeroからQi対応のモバイルバッテリーが発売されました。Qi対応だけじゃなくUSB TYPE-Cでの充電も対応しています。 Cheero Qi対応 TYPE-C対応なのでPD対応...

何が悪いのか….UHS-II MicroSDカード

最近MicroSDカードの速度等を調べる事にハマっています。今までもMicroSDカードとかのメディアが好きで色々と買ったり、実験したりしていました。まあガジェット好きの心をくすぐる製品ではあります。 UHSスピードクラス MicroSDカードの速度に関する説明は色々とあります。例えば、 Class2~Class10V10~V90UHS 等といろいろあります。その中で最も...

モバイルバッテリー PB-XN10

少し古くなってしまいましたが今メインで利用しているモバイルバッテリーの一つです。 PB-XN10 AUKEYと言うモバイルバッテリーのメーカーでは割と有名で安定した品質の製品を提供している会社が製造・販売しています。今ではUSB Type-C(PD)対応のモバイルバッテリーが多く販売されていますが、これらの製品の先陣を切った(と言うのは大げさですが)製品で、Type-Cでの充電と出力...

PD規格はいやらしい続

eMakerというICチップ eMakerというICチップがUSB Type-Cケーブルに入っている製品があります。 というかUSB 3.1規格のType-Cケーブルは必ずeMakerと言うチップが入っている必要があります。逆に言うとUSB 2.0規格のType-CケーブルはeMakerチップが無くても大丈夫という事になります。実際100均で売っているケーブルをみるとUSB 2.0と記載...

PD規格はいやらしい

PDの規格を調べていくと本当にいろいろとややこしいです。機能を追加したり便利にするうえで色々と考えられているのは確かですが、利用者側からすると本当に迷ってしまいます。スマートフォンで利用する前提で簡単にまとめると、 AndroidでコネクターがType-Cの場合  ・PD対応のアダプタを用意すれば高速充電ができる  ・アダプタは15W以上ならなんでもOK  ・ケーブルは100均のケー...

Type-Cケーブルの最大電流確認できる?

USB Type-Cケーブルにはケーブルに流せる電流が規定されています。規格上は3Aと5Aのケーブルが存在しています。色々と安いめーぶる、100均で発売されているUSB Type-Cのケーブルでは2.4Atと言う電流制限が記載されている場合があります。ここら辺の規格はまだ十分勉強できていないのですが、基本は3Aと5Aになります。 特例としてType-CとLightningのケーブルでは2....

PD対応モバイルバッテリー1

まだまだ値段が高いPD対応のモバイルバッテリーですが、別の記事「Philips製PDバッテリには注意」でも書きましたがパッと見た宣伝文句を見て買ってしまうと思わない落とし穴がある場合があります。 何が大事かを考える モバイルバッテリーを使うシーンを想像してください。一番想像できる利用シーンはスマートフォンの充電ではないでしょうか。新しいUSB Type-Cの規格を考えるとパソコンやタ...

Philips製PDバッテリには注意

PD機能のあるモバイルバッテリーは色々と発売されていますが、正直値段が高めに設定されています。今通常のUSB用モバイルバッテリーは10,000mAの容量がある製品でも1,000円から2,000円位で買えます。所がPD機能・PD出力ができるバッテリーは3,000円以上するのが多いです。今回紹介するのはPhilips製のモバイルバッテリーです。10,000mAの製品で2,180円、20,000mAの...