ロール紙用プリンタを買ってみた-PAPERANG

最近はUSB関係のケーブルやモバイルバッテリーを買って色々とじらべたりするのが楽しいです。結局ガジェットが好きなんだなと感じてしまいます。ガジェットとはもともと「道具、装置、仕掛」と言う意味ですが今は電子小物文房具とかを呼ぶ場合が多いです。iPhoneなどのスマートフォンもガジェットと言えば言えない事はありませんがスマートフォンと言うジャンルになってしまうのかなと思います。

値段も100円台とかで買えるわけでもなく数千円から一万円以上、時には数万円とかの物もありますが欲しくて仕方なくなってしまいます。

そんなことで今回は感熱ロール紙を印刷できる小さなプリンタが気になってしかなくなりました。値段も5,000円弱ですので失敗してもそんなにダメージは無いかなと思っています。

PAPERANG プリンター

何でこのプリンタが買いたかったですが一番の大きな理由は家の前の違法駐車の車の写真を撮ってその写真を車に警告文と共にのワイパーに挟もうと思った事です。警告文は結構残しているのですが同じ車が何度も警告を無視して止まってます。しゃんと写真撮ってるよと教えてあげると効果があるかなと思いました。

後は正直字が汚いのでメモとかを簡単に印刷できたらと思いました。無料で扱えるアプリではスマートフォンのアプリ内で書いたメモを簡単に印刷できる機能があります。これが使えないかなと思いました。

印字が安い!

簡単にスマートフォンで印刷できると言って最初に思いつくのはチェキシリーズの製品です。チェキはインスタントカメラの様な製品が主力ですがスマートフォンから印刷できる製品も色々な種類が販売されています。例えば、

Instax SP-2

などです。定価も10,000円を超えていますし、印刷1枚の単価が非常に高いです。まあ写真画質でカラーですが20枚で1,400円程度します。1枚当たり70円程度の金額になってしまいます。

これに対してPAPERANGプリンター感熱式にロール紙に印刷できます。ロール1巻で8m程度あります。1回が10cmと考えても80枚印刷できます。それで1巻100円程度で買えます。そう考えると1枚1円少しですので気にせず印刷できます。メモ程度の使い方を想定すると凄く安いです。カラーロールや粘着シートタイプもあります。おもちゃ的に使うには十分ではないでしょうか。

アプリ経由で気軽に

印刷はスマートフォンのアプリから行います。本体の前にいかにもカメラのレンズの様な黒い丸があるのですがこれは単に飾りの様です。スマートフォンのアプリから写真や文字などをアプリ経由で印刷します。

PAPERANG アプリ

普通に印刷はできますがそれなりです。スナップ写真を白黒で印刷したりメモを作成したりする分には問題ありません。

その他

本体についている刃で印刷されたロール紙を切ります。その為に切り口がギザギザになってしまいます。これは注意しないといけません。また短いと綺麗に切れなくて途中で切れてしまったりします。ある程度余白を持って印刷する事が良いかなと思います。もう少し使い込んでまたレポートします。

2020年01月25日追記

AKIBA PC Hotline!の記事によると未使用品が税込み2,980円で販売されている様です。保証は1週間でアウトレット扱いの様ですが新品です。私の買った値段から1,500円弱、3,000円程度ですので試しに買うのもありそうです。700台以上あるとの事ですが興味ある人は早めにお店に行って見てはどうでしょうか。

じゃんぱらの告知ポップ