メルカリでは配送方法で最低金額が設定されている

メルカリで出品する場合、どんな商品でも最低価格が300円になっています。この金額で売れた場合、手数料の10%がメルカリに支払われて残り270円が売り上げになります。そこから配送料を引くと100円以下の利益になってしまいます。

例えばらくらくメルカリ便のネコポスを利用すると195円かかりますので利益が75円になってしまいます。ここから梱包材や発送の手間を考えるとまあギリギリ赤字にならない位になります。

色々と調べるとその他最低価格が設定されている様です。

まとめると、

  • 最低出品価格は300円
  • 宅配便コンパクトは450円以上で選択可能
  • 宅配便は1,000円以上で選択可能

となります。気を付けないとトラブルになりそうです。

宅配便コンパクトは450円以上

宅配便コンパクトを利用して送ろうとする場合、450円以上で売れないと発送方法で選択できなくなります。例えば400円で売れたものをらくらくメルカリ便の宅配便コンパクトを選択すると「使えない」と言われます。

450円で売れた場合利益が405円です。宅配便コンパクトは380円で専用の箱を65円で買わなければなりませんのでこの時点で445円となって赤字になります。赤字になるから選べないとかなら事前に出品者に判りやすく表示や説明して欲しいです。

ネコポスを利用できないサイズで400円で販売する場合は定形外郵便等を利用する形になりますが、この場合は匿名で送れません。出品する方は匿名で送れない等明記できないので購入後トラブルになる心配がある気がします。改善して欲しいです。

宅配便コンパクト箱

宅配便

宅配便の場合も最低価格が決められており、1,000円となっています。結構厚手の本等を送る場合は宅配便を選ぶ形になりますが、どんなに人気のない本でも宅配便を選んだ時点で1,000円以下の価格を設定できなくなってしまいます。

もし宅配便でしか送れない商品を1,000円以下で売ってしまったら定形外とかの利用するしかありません。現在の定型外の値段は「定形郵便物・定形外郵便物の料金」で調べられますが、重さ1kgの規格外サイズ場合、700円ですので梱包等を考えるとギリギリ赤字にならない程度になります。

不用品は売れない?

宅配便コンパクトや宅配便はどうしても送料がかかります。書籍などサイズが大くがさばる物は結局安価に値段をつけて売れないという事になってしまいます。特に雑誌等は先ずメルカリでは販売できない感じです。プレミア付きの雑誌なら大丈夫でしょうが月刊誌をまとめて1年とかを売りにくいのは確かです。メルカリの問題と言うより宅配の料金との兼ね合いですね。

こう考えるとAmazonのFBAを利用すればある程度の金額以上なら送料無料で利用できますのでこっちの方が便利なのかも知れません。個人的にはAmazonも契約しているのですが全然利用していません。検討してみる価値はありそうです。