なかなか踏み出せないAmazonでの出品(FBA)

副業としてせどり、転売を行っている人はAmazonのFBA(フルフィルメント・バイ・アマゾン)を利用している人も多いと思います。またFBAを使ってみたいと思っている人も多いと思います。でも中々実際に登録して利用するのは難しいと思います。

わたしも以前FBAの登録をして利用する準備をしていたのですがまだ利用をしていません。結構前に登録したので今のFBAとは色々と見えない部分の費用が増加している様です。先ずはFBAに関して簡単に情報をまとめたいと思います。詳しくは利用方法等を説明しているサイトや紹介している書籍も多いですのでそれらを参照して頂く形かなと思います。

先ずはAmazonのサイトで色々なサービスがありますが、これが非常に判りにくいかなと思います。Amazonトップページの下にあるリンクも

  • Amazonで売る
  • フルフィルメント by Amazon
  • アソシエイト(アフィリエイト)

となっています。これを見てもぱっと理解できません。たぶんAmazonで売るから辿るにかなと感じるくらいです。

Amazonで売るから辿る

Amazonに出品したい場合は、まず出品者登録をする必要があります。これはトップページの一番下にある。「Amazonで売る」から移動します。

Amazon出品サービス

このページからAmazonで販売したい人はアカウントを登録します。と言っても赤枠で書いてある様に「月額4,900円(税抜)」と書かれているとそれだけでビビッてしまいます。下の方にあるメニューの「料金プラン」を見ると小口出品と大口出品とがあります。ここで小口出品の場合は売れない場合は保管料等の費用しか発生しない事が判ります。大口の様に毎月4,900円(税抜)がかかりません。個人で不用品等の販売を行う場合、この金額は大きいです。フリーマーケットの様な雰囲気で利用しようと思う場合は小口で登録する形になります。このページの作りが悪いのもハードルを高くしているのかと思います。

「今すぐ登録する」ボタンのしたに「小口出品で販売したい方」とのリンクが目立たなくあります。このリンク先で小口の出品に関して説明しています。利用するだけでAmazonに利益を生まない小口は扱いが悪いのは仕方ありません。

小口と大口の違い

大口出品と小口出品の違いは「出品プラン」ページで確認できます。毎月定期的に費用が発生する発生しないの違いですが、この費用に見合ったサービスがあるかと言う事です。

小口出品の場合は1件売れると100円の費用が発生します。これに対して大口出品の場合は何件売れても無料です。単純に月間49件程売れると費用が回収できます。ですのでここまで売れないとコストがかかってしまいます。

ここが微妙なのですが、大口出品の場合はクレジットカードを初め、Amazonで利用できるすべての決済サービスが使えます。これは買う側からすると大きなメリットで、Amazonと買っているの変わりません。これが買う人にとって大きなメリットですし、売れる要因にもなります。ですので毎月定期的に出品して利益を上げようと思っているのなら最初から大口出品を選んだ方が良いかと思います。当然それだけのリスクが発生します。

小口出品から大口出品へ切り替えは難しい

これも微妙な問題ですが、小口出品から大口出品へ切り替える場合は凄く手間がかかります。小口出品の全商品を一旦取り消して商品を無しにしてから、大口出品へ切り替える必要があります。もしFBAを用いている場合は全部の商品を一度引き上げる必要があるそうです。

FBAを利用していない場合はそんなにインパクトは無いと思いますが、FBAを利用していてある程度の商品を販売している場合は大仕事になりそうです。

大口出品がお勧めですが判断は難しい

これまでの理由から大口出品で出品するのがお勧めです。でも月刊固定費用があり、ある程度売れないとメリットがありません。

従ってAmazoでしっかりと出品して利益を得ると決心してアプローチする必要があります。正直今の私ではそこまで決意できません。

最初の1か月を10円で利用できるキャンペーンをやっていますのである程度頑張ると決意があれば大口出品へ登録するのもありそうです。

古物商の資格は必須

FBAでの出品を考える場合、売るために買うと言う事が発生します。その為古物商の資格は必須だと思います。新品を仕入れて販売する場合も古物商の資格が必要になります。金額的には20,000円を少し超える程度の費用で取得できます。取得も別記事で紹介している様に難しくはありません。是非取得してください。