ポスティングと言う仕事2

前の記事「ポスティングと言う仕事」で仕事の概要を説明しましたが具体的な収入や配る時の注意などを記載します。

業務委託契約

ポスティング業者との契約はアルバイトみたいに時給で契約する場合もありますし、配布した枚数での成果報酬と言う場合もあります。私の経験した業者は業務委託契約でした。何でアルバイトではないかと言うとポスティングと言う実際にちらしを配る作業以外にちらしを準備する作業があり、実はこの作業が思いの外大変で時間がかかるからです。

例えば5種類のちらしを配り、その中で2種類が大きなサイズだとこのちらしをA4やB5程度のサイズにおります。500枚のちらし2種類を折ると考えると1000枚のちらしを折りますのでこの作業だけで3時間以上かかってしまいます。そしてポスティングするちらしをまとめますのでこの作業も結構な時間がかかります。500軒で5種類のちらしを準備する、そのうち2種類が折らなければならないと言うと準備だけで5時間以上かかってしまいます。

例えば1軒のポスティングで10円貰えると考えても500軒で5,000円、配布に2時間と考えると7時間の作業で5,000円となります。時給換算で700円程度です。この700円は現在のバイトの最低時給よりも低くなります。逆に言うとバイトとして時給を払うと1軒あたりに費用が高くなってしまうという事です。

結局業務委託契約で仕事を依頼するしかありません。まあ、ポスティングの準備は自宅でテレビを見たりしながら内職の様な感じでできます。この準備するコスト・時間をちゃんと考えないと失敗した!となってしまいます。

効率よくポスティング

ここでは効率よくポスティングする為の服装等を紹介します。と言うのもちらしは紙です。そして一度にそんなに大量の紙を持ち歩けません。例えば100軒分でA4サイズ10枚の用紙をポスティングすると考えるとA4の1,000枚分の紙を持って歩かなければなりません。普通のコピー用紙ですと100枚で400g程度だそうです。この10倍ですので4kgとなります。実際は印刷されていますし、200軒分とかを持ちますので10kg位の重さになる場合もあります。

500軒のポスティングをすると考えると合計25kgのちらしを運ばなければなりません。25㎏を一度に肩にかけて配るのは無理かなと思います。したがって2回か3回に分けてポスティングをしないといけません。3回と言っても7kgの重さをもっていかなければなりません。

そしてポスティングするちらしを手に持って効率的に投函できなければなりません。と言う事は効率的にちらしを取り出せなければなりません。その為には大量のちらしを持ってあるけて取り出し安いバッグが必要です。

色々なバッグを試しましたが最終的に大型の野球バッグを利用していました。

アディダスショルダーバッグ

こんな感じのバッグを使っていました。このバッグですと一度に1500枚程度のチラシを保管できます。そして肩の部分にはしっかりとしたパッドが付いています。

ただ残念な事にバッグの開き方がファスナーで大量のちらしが入っていると開け閉めが凄く手間になります。このサイズでメッセンジャーバッグの様にベロ状になっているのが良いのですが。

またポスティングする時に効率用チラシを取り出して投函できる必要がありますので、ゴムなどの滑り止めの付いた手袋や指サックを使う事が良いです。冬なら厚手の軍手がベストだと思いますが夏は指サックが良いかなと思います。指サックは色々と使いましたが、コクヨの指サックがお勧めです。

コクヨ指サック