赤字にならないために

以前の記事「メルカリで送料と利益の関係」で利益を得る分岐点のお話をしました。メルカリをやっている多くの人が頭の中でこの表な様な物を持っていて実際いくら利益があるか考えて値段を設定しているのだと思います。この記事では梱包費用を一律200円と計算しています。宅配便などを使う場合は段ボール代やエアキャップ(プチプチ)とかの値段を考えると妥当な金額に近いです。

発送はクリックポストとネコポス

しかしクリックポストやネコポスを利用する場合は梱包費用がもっと安価に済ませられると思います。しっかりとした厚手の封筒にOPPフィルムとかでラッピングするだけで大丈夫です。

A4封筒封かん付き

例えば上の様な風とを楽天市場で買うと送料込みで2,000円程度です。そしてOPPフィルムも、

PPCフィルム

100枚で300円程度です。これらを使うと梱包費用は60円以下で済みます。

ですので発送にクリックポストやネコポスが利用できると一気に利益が増えます。逆に考えると、もっと安価で売っても赤字にはならないという事です。

古い本等はBOOKOFFへ持ち込んでも5円とかの値段になってしまいます。酷いと値段が付けられないとかになって処分してもらう様になってしまいます。お金を稼ぐという意味ではなく不用品をしっかりとリサイクルするという意味で100円でも利益がでるならメルカリ等で販売する事も十分にメリットがあります。

メルカリの調査でも出品して利益を得る事が目的ではなくコミュニケーションなど期待している人も多々いると思います。視点を変えるのも良いかも知れません。

値下げを想定した価格設定

メルカリの場合値下げを要望される事が多いと思います。わたしも10件出品すると2~3件は値下げ交渉されます。値段設定を送料で赤字にならないぎりぎりにしていると値下げに応じられない事もあります。当たり前ですが値下げされる前提で値段を高めにして出品する方が良いと思います。特に宅配便サイズの商品の場合、値下げで一気に赤字になってしまう場合もあります。

また値下げ交渉を受ける代わりにもっと安価な発送方法で送るとかも検討しても良いかと思います。例えば商品のパッケージを取り除いて中身だけにしてよりサイズの小さい宅配便サイズにしたり、ネコポスとかに変更して貰ったり。そうすれば少しでも手元に戻る金額が増えるかなと思います。

ヤフオクを利用する

メルカリの場合、送料を出品者が払う取引が一般的です。これに対してヤフオクでは送料は落札者が負担する場合が多いです。メルカリではなくヤフオクを使う事も考えてはどうでしょう。あと、ヤフオクは基本値下げ交渉がありませんので希望の値段で売れます。(売れるかどうかは別ですが)