iPhoneの充電ケーブルはMFi必須

iPhoneやApple製品向けのケーブルって凄く高い印象があります。Android向けの充電ケーブルは様々な種類が100均ショップなどで売られていますが、iPhone向けのケーブルは非常に少ないです。街角や電車の中でスマートフォンを使っている人を見かけるのは普通です。その多くの人がiPhoneを使っているのですからなんでこんなに高いの?と思ってしまうのは当然です。

MFi ケーブル

Apple認証が必要

iPhoneなどApple向け製品を作る場合、特に充電ケーブルやデータ通信ケーブルを作る場合にはAppleの認証が必要です。要するにそのケーブルが利用できるApple製品で、問題なく動作するという事をAppleがメーカーに代わって保証するという事です。これが俗にいう「Made For iPhone」等なります。iPhoneやiPad向けのケーブルを買うとパッケージのどこかに、

Made for ロゴ

というロゴが必ず記載されているはずです。このロゴがあればApple製品で問題なく動作するという事を保証しています。このロゴの偽物があるとかはあんまり聞きませんのでロゴを確認する事で安心できるかと思います。

ライセンス料が発生

このロゴを付与するためにメーカーはAppleにライセンス料金を支払います。と同時にApple製品に接続したときに純正品やロゴ取得品と確認できる機能を持ったICチップを貰います。この費用、ライセンス料とチップ代が高いので結局高くなってしまいます。

ではロゴが無いとどうなるのでしょうか。ロゴの使用と同時に貰える純正品と認識できるICチップがもらえません(正確には認証品と判断できるチップ)。このICチップはコネクタの部分に入っている小さな物です。iPhone等とアダプターをケーブルで接続するとこのチップがiPhone等へ自分の情報を送って純正品等の情報を送ります。そして問題なく接続できます。このステップが抜けますのでiPhone等に接続した場合、純正品ではない旨、使えないとメッセージが表示されます。

iPhone等の新しい製品、具体的にはOSが更新された場合このチップとの通信データが変更になります。純正チップはこのOSの変更に対応できますが、純正品ではない場合は対応ができません。例えばOSを更新したらケーブルが使えなくなったとかの話を聞きますが、これはケーブルが純正品ではない事が原因だと思われます。

買う場合には必ず確認を

上記の様な理由によりApple製品へ充電するケーブル等を買う場合は必ずMFi製品化を確認しましょう。例えば100円で売っている製品はまず認証を取っていません。どのくらいライセンス料が発生するかわかりませんが安くてもアウトレット製品以外なら1,000円はします。この値段以下ならどんなにメーカーのページですごく宣伝していてもMFiロゴが無い場合は買うのを控えましょう。

たまに1,000円を超えた値段でもMFi認証品でない場合があります。値段ではなく必ずロゴを確認してください。見た目が格好いいとか感じが良いのはロゴを確認してから後の話です。正直Amazonや楽天でも認証品以外を打っていますので注意が必要です。例えばAmazonでも以下の製品の様に普通に売っています。

非純正ケーブル

このケーブルは5本で1,000円以下です。