何が悪いのか….UHS-II MicroSDカード

最近MicroSDカードの速度等を調べる事にハマっています。今までもMicroSDカードとかのメディアが好きで色々と買ったり、実験したりしていました。まあガジェット好きの心をくすぐる製品ではあります。

UHSスピードクラス

MicroSDカードの速度に関する説明は色々とあります。例えば、

  • Class2~Class10
  • V10~V90
  • UHS

等といろいろあります。その中で最も高い転送速度が設定されているのがUHSスピードクラスとなります。UHSクラスでも、

  • UHS-I:104MB/s
  • UHS-II:312MB/s
  • UHS-III:624MB/s
  • UHS SD Express:985MB/s

と規定されています。Class10ですと最大10MB/sを保証しているとかのレベルと比べると非常に高速なデータ転送レートが規定されています。これらの仕様に関しましては「SDアソシエイツのページ」を参照して下さい。

UHSクラス(SDアソシエイツから)

UHS-II対応MicroSDカードを買った

上記の説明の様にUHS-I対応のMicroSDカードはどこでも安価に手に入りますがUHS-II対応のMicroSDカードやSDカードは値段のランクが1ランク上になっています。主な用途はデジカメでの連写データを早く保存したりする事が大きな用途になっている様です。安価な製品でもUHS-Iクラス製品の5倍以上、64GBの製品で10,000円とかも安価な部類になります。

そんな製品の中、今は製造中止になった製品で安価で販売されているMicroSDカードを見つけました。64GB製品で4,430円、32GBで2,778円と凄く安く発売されています。しかも、64GBで読み出し:270MB/s、書き込み:150MB/sと記載されています。

TOSHIBA UHS-II 32GB

さっそく速度を測る….

どんな速度がでるのかワクワクしながら速度を測る事にしました。先ずは環境を整えなければなりません。パソコンはUSB3.0インターフェースを装備しているパソコンを用意しました。USB3.0の速度は5Gbpsでバイト転送に換算すると実際は500MB/s程度です。計測しようとしているMicroSDカードの転送速度が270MB/sですので問題ない速度です。またUHS-II対応のカードリーダーはIOデータ製の「US3-U2RW/B」を用意しました。

US3-U2RW/B

まや計測ソフトには有名な「Chrystal Disk Mark」の最新版を用意しました。その結果がこんな感じです。

Toshiba UHS-II MicroSDカード

あれ?全然速度がでていません。普通に使う分には問題ない速度なのですが一体何が問題なのでしょうか。

  • パソコンに問題がある
  • MicroSDカードリーダーに問題がある
  • 計測ソフトに問題がある
  • MicroSDカード自体に問題がある

等が考えられます。ここら辺の情報を確認して行きたいと思います。先ずは一次レポートまで。