ダイソーのケーブル2

今回は前回の「ダイソーケーブル1」に引き続きダイソーケーブルのパート2をお送りします。前回紹介したケーブルはどちらもパッケージに充電可能な電流が記載されていました。2.4Aと3A と記載がありましたが今回のケーブル2本とも充電できる電流の表記がありません。どちらのケーブルもよく見ると2Aの記載がありましたので多分2Aの充電に対応できうるケーブルの様です。

No91:充電専用:25㎝金属ケーブル

このケーブルは25㎝という微妙な長さのケーブルです。コードが金属で覆われている物です。パッケージには充電専用と書いてあったり、充電・転送ケーブルと書かれたりちょっとダメダメなパッケージです。

ダイソー91ケーブルパッケージ

金属ケーブルですが、普通のケーブルの上に金属製のカバーが樹脂の様に巻き付いています。ぱっと見て金属製で頑丈の様に思えるのですが金属部分を引っ張ってかえってケーブルが切れそうな感じがします。なんで金属製なのか目的が不明です。パッケージには充電専用と記載されていますが実際に計測すると通信線も接続されていますので普通に通信もできる様です。

ダイソー91計測

計測データすると5V500mAの通常のケーブルとして動作する様ですが、パッケージには2A通電可能と記載されています。充電能力に関しては別途調べて追記して行きたいと思います。

No94:100㎝ケーブル

ダイソーのケーブルで100㎝と長いケーブルです。ケーブル自体は柔らかいナイロン製の樹脂で覆われています。普通の値段の高いケーブルはナイロン樹脂で覆われていると固いのですがこのケーブルは柔らかいです。安物だから柔らかいのか微妙ですがこれはこれで扱いやすいです。パッケージの上の方の文言には充電・転送ケーブルと書いてあるのですがパッケージの真ん中の吹き出しには充電専用とあります。

ダイソー94パッケージ

まあここら辺も100均商品と言う感じです。ケーブルの機能をチェックするとしっかりと転送もできる様です。

ダイソー94計測

ここまで4本の100均ケーブルを確認してみましたが一応全部問題なく使える様です。実際に耐久性があるかは使ってみないと判りません。急場しのぎでは全く問題ない様です。