必要なソフトの説明

前回の記事「phpStormでPHP開発環境を整えよう」でphpStormを使ってPHP開発環境を整えるお話しを書きました。今回はこの環境で使うソフト・その他をざっと紹介します。その後各ソフト等の設定方法を紹介していきます。

XAMPP

ウェブプログラムを開発するうえで実際に作成したプログラムを用意に確認できる環境がある事は事情に重要です。その為に自分のパソコンにウェブ環境を用意する事が一番です。ウェブ環境と言っても、

  • ウェブサーバプログラム:Apache
  • データベース:MarinaDB
  • PHP

などを用意しなくてはなりません。これらを個別にインストールし、設定する事もできますがPHPで開発をするのが目的ですので余分な所はできるだけ簡単に済ませたいところです。こんな時にぴったりなのがXAMPPという感情です。XAMPPとは、X(Windows)A(Apache)M(MiSQL)P(PHP)P(Perl)という環境の頭文字をつなげた単語です。要するにウェブサーバに必要な環境が全て揃っているソフトです。このソフトは、

Apache Frends

からダウンロードできます。Windows版やMac版などが用意されていますので自分の環境に合う物を選びましょう。またPHPのバージョン等もしターゲットとする環境があるのでしたら、その環境に合った物をダウンロードして下さい。

Git

Gitとはバージョン管理システムです。プログラムをデータベース上に保存して修正等を行った履歴を保存しいつでも以前の状態に戻すことができるシステムで個人での利用も複数人での利用も非常に便利なプログラムです。
データベースからプログラムを取り出し(チェックアウト、プル)編集を行いデータベースへ戻す(コミット、マージ)という操作が必要になりますがプログラムの修正などを履歴としてコメントを付けて管理できます。Gitは以下のサイトからダウンロードできます。自分の環境に合った最新版をダウンロードすれば良いでしょう。

Git

大規模な変更を行う場合、前の状態に戻したい場合とかよく発生します。こんな時にも便利ですし、あるバージョンから別の機能を持った物を作りたい場合等も便利です。

逆引きGit入門

Github

先ほど書いたGitはバージョン管理情報を自分のパソコン上に構築します。この環境ではパソコンが壊れてしまうとソフト自体がなくなってしまいます。例えばNASを利用した開発などを行えばソフトを丸ごと失う危険が無くなりますが、その環境や場所だけでしか開発できません。

今の時代プログラムをインターネット上に配置してパソコンのトラブルでソースを失う危険を排除するだけでなく複数人で共有したり様々な場所で開発できる様になります。この機能を提供しているのがインターネット上でGitのデータを管理・保管するサービスです。このサービスで今回はGithubと言うサービスを用います。

アカウントは無料で登録でき、プロジェクトも複数個作成できます。以前は一般公開するプロジェクトしか無料で作成する事ができませんでしたが現在は無料でプライベートなプロジェクトも作成できます。プライベートプロジェクトとすれば特定のユーザーだけに公開できる様にできます。

Githubクイックリファレンス

composer

composerとはPHPの環境を管理・整理するコマンド群・管理ツールです。正直細かい仕様はまだ勉強不足です。phpStormをインストールし、Laravbel環境を構築する上で使う様になっています。ソフトは、

composer

から最新版をダウンロードしてください。

phpStorm&Laravel

そして最後は統合開発環境のphpStormです。以下のサイト、

phpStorm

からダウンロードしてください。インストール等は別途記事で説明してい行きます。またフレームワークのLaravelはphpStromの中でプロジェクト(プログラムを管理する単位)毎にインストールを行いますのでphpStormの設定の中で説明します。

以前にも書きましたがphpStormは有料ソフトです。一カ月間は無料で利用できますがそれ以降継続利用する場合は個人利用の場合は月額1,000円程度、年間利用の場合は10,000円程度の料金で利用できます。

無料期間でよさそうなら月額で契約を行い、その後契約を止めたり年間契約へ変更するのが良いと思います。