伝票を書かずにコンビニで発送できる:ヤマト運輸

最近はヤフオクやフリマ、メルカリとかを利用する事がめっきり減ってきました。宅配便の発送で一番面倒な作業はコンビニや宅配業者の営業所で一生懸命伝票を書く事だと思います。自宅はまだ良いですが送り先を毎回メモして書かなきゃなりません。達筆で字が綺麗な人なら抵抗も少ないでしょうか字が汚い私などが凄く抵抗があります。

ヤマト運輸の会員、クロネコメンバーズになると営業所の端末を使って伝票を作成できるので凄く便利でした。確かに営業所まで行くのは大変ですが自宅のパソコン等を使って配送先の住所を登録しておくと営業所のタブレット端末からそのまま備え付けのプリンタへ伝票を出力できます。

先日久々に宅配便を送る必要がありました。伝票書くのが嫌いなのでまた営業所へ持ち込もうかと思っていたのですがこの時代スマートフォンから伝票を書かずに送れる様になっていると便利だな~と思って調べたら…はい、スマートフォンから伝票を書かずに送れる時代になっていました。

宅配便はスマートフォンで送ろう

ヤマト運輸でセブンイレブンから送る

実際にセブンイレブンから宅配便を送ってみました。営業所以外から宅配便を伝票を書かずに送る為にはいくつかハードルがあります。詳しい解説はヤマト運輸の説明ページに記載されています。

  • クロネコメンバーズになっている
  • ApplePay等のオンライン決済が利用できる

これらの設定手順は別途どこかで記事を書きたいと思いますが、このふたつがクリアできればスマートフォンから伝票を書かずに発送ができます。

発送の処理は簡単でスマートフォンのページから説明に従って送付先や送付元を記載して行くだけです。電話帳のデータやクロネコメンバーズの登録データも参照できますので殆ど手間がかからずにサクサク進んでいきます。決済手段はApplePay、ドコモやAUでの支払いに対応しています。

ヤマト運輸コンビニ発送

発送先情報を入力し終わるとバーコードがスマートフォン画面に表示されます。この画面をセブンイレブンのレジで見せると、レシートの様な伝票が出力されて、即発送受付になります。依頼主控えもレシートで発行されます。処理自体はメルカリをセブンイレブンで送る方法と同じです。

思ったより簡単ですし便利じゃないかと思います。送料は大まかな金額が表示示されますが、実際の料金はヤマト運輸の担当者が計測してメールで知らせるという事らしいです。これがちょっと残念な部分です。

値段は?

関東から関東で60㎝程度のサイズを発送したのですがSサイズで930円程度の金額になります。以前は500円程度で送れたのではと思ってしまいますが今は宅配便料金が高いですのでこんな感じでしょうか。

2020年01月27日追記:

実際の送料が当日メールで送られてくると思っていたのですが料金の案内メールは翌日の朝になってやっと到着しました。もう少し早く来ると安心できるのですが。ドライバーがセブンイレブンで荷物を受け取った時点でサイズの計測するのではなく営業所へ持っていって処理する時にサイズを測って値段を出している様です。

サイト上では961円からとかの金額ですしヤマト運輸のページでも930円と記載されていました。しかし実際の請求は764円でした。割引は166円となり、結構お得です。運賃の計算はヤマト運輸のホームページから簡単に調べられます。