Atom拡張センサーを発売!

2,500円と言う安価なウェブカメラを発売しているAtom Techから拡張センサーが発売されます。正確にはクラウドファンディングでセンサーを開発する支援を求めています。

Atom Sensor

1個あたりセンサーは1,000円となっていますがクラウドファンディングでは単体ではなくセットで応援を募集しています。ぼくは試しに4,050円の支援で、

  • Atom用ドングル:1個
  • ドア等の開閉センサー:2個
  • モーションセンサー:1個
  • 送料:850円

というセットを買いました。センサーが20%オフですので、4個4,000円が3,200円と送料850円で4,050円と言うセットです。

Atomへ取り付けるドングルと各種センサーが接続され、Atom経由で状態の変化(ドアの開閉や移動物体の検出)をAotmとペアリングされているスマートフォンへ通知する感じです。センサーはボタン電池が入っており18カ月動作するそうです。

今後は温度センサーとか色々と発売する見たいです。Atomを用いたプラットフォームを作る事ができそうです。ひとつのAtomカムで最大100台の機器を接続できるとあります。プログラム等を含めて色々と応用できそうな気がします。

追記:

くクラウドファンディングの成立金額が500,000円だった事もあるのか、先ほど目標額を超えたので決済しましたとの連絡が来ました。

Webカムの値段も2,500円と圧倒的に安いですし色々と周辺環境も整備されてきています。これから面白くなりそうで楽しみです。

IFTTT利用できない

本日、2020年11月9日の朝、クラウドファンディングサイトより連絡メールがありました。その内容はIFTTTが料金の関係で利用できないとの事です。

IFTTTとは例えばGoogleMapと連携してある場所に到着するとメールで知らせたり、乗り換え案内のソフトから発車時刻近くになるとLINEで通知を受け取ったりと複数のサービスを連携して利用できるサービスです。

この機能の実装ができない関係でキャンセルも受け付けているとの事です。確かりアプリケーション連携は大きいです。これが使えないと利用シーンが狭くなるかもです。この機能に期待していた方はキャンセルが良いかも知れません。クラウドファンディングの該当ページ「月額無料で1個あたり1,000円ATOM Camと連携して使えるスマートセンサーATOM Sensor」も訂正されています。