ahamoか「SoftBank on LINE」かpovoか

docomoの発表した新しいプラン(と言うかサブブランド)のahamoも結構魅力的なのですが、本日(2020年12月22日)発表のあったSoftbankのプランも中々魅力的です。これらのサービス開始が2021年3月ですのでそれまで色々と検討して行く必要がありそうです。

また本日(2021年1月13日)auからのpovoという新しいプランが発表されました。

現在私は、

  • 主回線のLINEモバイル(3G):月額1,630円
  • 楽天モバイル(無制限):無料
  • BIG SIM(3G):1,762円

という3回戦を利用しています。BIG SIMはテザリングで通信する為の回線で3GBの利用ができます。現在のスマートフォン代は、3,392円で、楽天モバイルが1年経過後に2,980円(税抜き)となりますので、6,670円となります。

まあスマートフォン3回線利用してこの金額はお得だとは思いますが、楽天モバイルの有料化後のサービス品質(速度)とLINEモバイルの3GBを使いきった時の速度です。LINEモバイルのページには速度に制限がかかるとだけ書いてありますが多分128KB程度になるのではと思います。この速度だとやはりウェブページを見るだけでも遅い感じです。BIG SIMも同様に速度制限が発生しこちらも1MBの速度ではない様です。

悩みどころです。

ちなみにahamoと「SoftBank on LINE」、pavo共に20GBを超えた場合、速度制限が発生し1MBとなります。これは十分価値があります。

auのpovoは安い?

最後に発表されたauのpovoですが値段が2,480円からと安いのですがahamo等で提供されている5分間の通話無料がありません。この機能は「トッピング」で500円です。同じ機能で比べると3社ともぴったり同じ値段です。

でも短時間の通話を多くする人だと同じ値段になりますし、トッピングを追加しないとかえって割高になりそうです。ここら辺はauらしいという感じでしょうか。今回は「※」非常に少ないですが付いています。

ahamoが有利条件追加!

docomoのページで2021年1月14日に追加条件を発表しました。結構大きな条件です。これ家族でdocomoを使っている人がahamo選ぶ場合大きなメリットになります。詳しくは「新料金プラン「ahamo(アハモ)」の提供条件について」を参照して下さい。

  • ファミリー割引に組み込むとファミリー内から着信無料(家族内扱い)
  • みんなドコモ割で他回線が割引
  • ドコモ光セット割でペア回線が割引対象

です。これ地味に大きな条件追加です。家族でdocomo使っている場合だとahamo回線側はメリットありませんが、家族等が凄く有利になります。