ダイソーのケーブル1

この記事ではダイソーで販売しているUSB Type-Cケーブル(以降Type-Cと言います)を一覧で紹介します。100均の商品は寿命が短いのも多く、ある程度のロットを作って売り切って別の製品を製品番号を変えて販売するとかもあるみたいです。

ここではダイソーが管理している製品番号順に紹介していきます。またダイソーは商品を検索したりする様にホームページ等で機能を提供していません。これは実際に店舗に足を運んでみて、買って欲しいとの事です。

No86:高速充電・通信ケーブル

最初はNo.86のケーブルです。最初から凄いインパクトのあるケーブルです。100円で両方Type-Cのケーブルで長さも100㎝、電流容量は2.4A、そして充電だけでなく通信もできてしまいます。

ダイソーケーブルNo86パッケージ

この規格のType-Cケーブルをエレコム等で買うと定価ベースで4,000円、実売でも1,000円はするケーブルです。それがたったの100円で買えますのでそのインパクトは大きいです。

Type-Cの規格、というかPD(Power Delivery)の規格は2.0Aと3.0Aの充電能力があるという記憶だったのですがこの2.4Aはどこから出てきたのかちょっと疑問です。私も正直ここら辺の知識はまだまだですので勉強して訂正して行きたいと思います。

ダイソーケーブルNo86計測

ケーブルチェッカーで測定した画像はこんな感じです。CC線(コンフィグレーションチャネル線)も繋がっており通信も普通にできそうです。このデータを見る限りでは普通の利用に全く問題ありません。

No.90:USB Type-Cケーブル 10㎝

このケーブルはUSB 2.0とType-Cのケーブルです。長さはなんと10cmと超短い製品です。給電可能な電流は3.0Aとなっています。色は薄いピンクで珍しいと思います。No.90の後に連番で別の規格のケーブルが販売されています。定番の白や黒のケーブルはNo.89やNo.88等で売られているのかも知れません。

ダイソーケーブルNo90パッケージ

長さが15㎝や30㎝のケーブルは結構見かけますがこの10cmは凄く短いです。スマートフォンと充電器を重ねて持ち運びする時、ケーブルが15㎝でも割とケーブルが邪魔になります。しかしこの10cmの長さだと少し余裕がある位でケーブルが邪魔になる事がありません。ですので充電器と重ねて利用する人にはお勧めです。この様な利用シーンを想定しているのかどうか判りませんが他のType-Cケーブルと比べて柔らかい作りになっています。

ダイソーケーブルNo90計測

継続データですが普通のUSB2.0ケーブルで充電と通信ができます。ただパッケージに3.0Aと書かれているのですが内蔵抵抗を見ると0.5Aとなっており標準的なUSBケーブルと同じです。この動作に関しては別途確認をしたいと思います。