AQUOS sense3 liteを買いました

先日楽天モバイルのUN-LIMITを契約すると同時に新しいAndroidスマートフォンも買いました。今まではiPhone8とSharpのSIMフリーモデル AQUOS sense2を使っていました。昨日は全く不満が無いのですがが、ゲームをする時の画面更新にもたつきがあったのでこの改善もできれたと思っています。

楽天モバイルのラインナップの中でAQUOS sense2の後継モデル、sense3を扱っている事が判りました。しかもsense3でも機能を絞って値段を抑えたliteモデルです。通常モデルと比べるとカメラの性能が劣ったり、SIMカードが1枚しか使えなかったりと若干スペックは落ちますが普段使いでは全く問題ない様です。このサイトの記事「AQUOS sense3 lite」と「AQUOS sense3」の違いで詳しくまとめられています。値段もそれほど違わないですし楽天モバイル用のモデルと言った感じでしょうか。

ちょうど楽天ポイントが20%付与されるイベントもやっていましたので思ったより安価で買えたのかと思います。

充電してみた

AQUOS senseシリーズはUSB Type-Cでの充電に対応しています。sense2は添付の充電器がUSBタイプでそれにType-Cのケーブルを付けてというちょっと中途半端な感じでした。しかしsense3ではType-C対応の充電器がしっかりと添付されています。写真左側がsense2、右側がsense3です。

充電器の違い

スマートフォンメーカーのTYPE-C充電器って割と個性があってちゃんと規格に則ってない場合もありますがこの充電器はちゃんとした製品の様です。ぱっけじに書いてあるスペックは、

  • 5V3A
  • 7V3A
  • 9V2A
  • 12V2.25A

で、計測結果も同じでした。

出力計測結果

充電器は、単体でも販売されていますが値段が3,000円程度なのでそれ単体で買うのは若干高い感じです。

au 純正品 TypeC 共通ACアダプタ02 0602PQA

au 純正品 TypeC 共通ACアダプタ02 0602PQA

3,015円(11/24 20:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

実際の充電特性:80%でがおススメ

スマートフォンを完全に放電させて充電特性を調べてみました。確かに満充電までの時間はカタログスペックとほぼ同じ170分でした。正しくは160分強なのでスペック以上という感じです。

正規 PDアダプタ

このグラフをよく見ると約1時間で80%程度まで充電できます。その後の2時間弱でゆっくりと100%まで充電していく感じです。また30分充電すれば40%程度までバッテリーが回復できます。この状態で動画なら4時間は問題なく見られます。電池切れの心配から解放してくれる製品になっているのではと思います。PDのプロファイルに無い7Vの出力も使っています。今度は標準品ではないELECOM製の30W製品を使ってみました。

SH-RM12充電特性

同じく170分弱で充電できています。この両方のグラフを見ると約1時間で80%程度まで充電できます。その後の2時間弱でゆっくりと100%まで充電していく感じです。また30分充電すれば40%程度までバッテリーが回復できます。この状態で動画なら4時間は問題なく見られます。電池切れの心配から解放してくれる製品になっているのではと思います。