猫を飼いました!:監視にIPカメラ

私は一人暮らしで猫を飼っています。そして保護猫の譲渡を受けました。譲渡の条件として室内飼いが必須です。その為に私が不在の時は猫達が外に脱走しない様に「玄関用柵」を購入・設置したりドアでしっかりと密室になる猫部屋を作れるアパート借りました。

玄関をモニタ

外出から帰宅する時に猫部屋のドアが開いていて外に出ていると脱走の恐れがあります。まあまずこんなトラブルはないと思いますが、1年365日、20年飼うと考えると7,300日、1日2回外出すると73,000回もこの様なトラブルが発生する可能性があります。ですので玄関の様子を監視できる監視カメラを買いました。

TP-Link C100

玄関だけを監視できれば良いですので固定カメラで十分です。このカメラ「TP-Link C100」はスマートフォンからアプリ経由で自宅以外でも監視できます。家の入る前にスマートフォンのアプリから玄関の様子を確認すれば安心です。

ついでに猫もチェック

不在の時にも猫達がどう過ごしているかも気になりますよね。そんな時はIPカメラで上下方向と、左右方向に撮影位置を移動できるカメラがぴったりです。上記TP-Linkの製品でこの一つ上の製品「TP-Link C200」がお勧めです。

TP-Link C200

Amazonで買うと3,500円以下で買えます。先に紹介したカメラと同じメーカーですので同じアプリ内で画像を確認できます。ちなみにこのアプリでは最大32台まで監視カメラの画像を確認できます。

TP-Linkアプリ

このアプリで纏めて管理できて凄く便利です。単に監視するだけではなく、

  • マイクロSDカードを初期化
  • 録画指定(動画での撮影)
  • 名前の変更
  • 動画のメール通知設定

等が行えます。

またスマートプラグ(外出先からコンセントのオン・オフが可能)も同時に管理できますので照明のオン・オフや自動給餌器等の動作を行えたりします。