猫を飼いました!:デオトイレ

猫を飼い始めて色々と道具も用意しました。ここではこれらの道具のレビューをしたいと思います。先ず最初にレビューするのは猫用のトイレです。今は2021年7月ですが最近よくテレビでユニ・チャーム製の猫トイレ「デオトイレ」のCMを見ます。確かに良さそうなのでさっそく買ってみました。

デオトイレセット

トイレ本体と処理用の小さなシャベル、猫砂とおしっこ吸着シートが付いたセットが売っています。値段も結構微妙なのですが、メーカーの宣伝ではこのセットで一か月利用できるとなっています。最初にセットを買って感じが良ければ継続して消耗品の砂と吸着シートを買えばいいと説明されています。

ウンチは考慮されてない

この宣伝文句ですがおしっこだけの場合の様です。実際にウンチをすると大量の砂が消費されます。試した感じでは1匹で一週間程度、2匹だと数日程度で砂が大きく消費されます。実際に利用した感じだと一週間程度で一カ月となっている砂を使いきってしまいました。これは注意です!と言うかはっきり言って誇大広告です。

おしっこはバッチリ

おしっこは宣伝通り砂をほぼ減らす事無く吸着シートに吸い取られます。これ今までの猫トイレと大きく違う所だと思います。おしっこで砂が固まってしまって掃除をするシーンが減ります。おしっこした後に砂をチェックすると確かに用を足した後の様に荒らされていますが、固まっている所はありません。デオトイレの下のおしっこ吸収用シートにはしっかりとおしっこが吸い取られています。しかも全く臭いません。猫のおしっこは結構強いのでこれは凄く助かります。

ウンチは臭う

ウンチはやはり清掃しても臭います。まあ仕方がない部分です。砂の下に目の粗いすのこの様な部分があり、ここの穴を使っておしっこを下の吸着シートに吸い取るのですがこの穴にウンチが付くと掃除大変です。臭いもここが原因でしているかとも思います。この網目の所をうまく清掃できると良いのですが。今は使い終わった歯ブラシ使っていますがこれでは毛?の長さが短いので綺麗に清掃できません。できればこのすのこの部分を取り外せると良いのですが簡単には取り外しができません。ペット用ではありませんが、

シリコン製ハケ

こんなハケを使うと良さそうです。シリコン製なので清掃も簡単です。

維持費は高め

色々と便利ですがウンチを考えると維持費は割と高めになるかなと思います。砂の入れ替えで1頭の場合月間で3,000円以上かかります。如何に安く消耗品、砂を用意できるかです。普通の安価な猫砂を使っても同じ効果が得られますので砂を見直すのも手かも知れません。

使った感じだとデオトイレ用として販売されている砂ではなく普通の猫砂でも効果に問題は無い様です。例えばLIONの「ニオイをとる砂 猫砂」とかでも十分で値段は半額以下になり、月間2,000円程度で済みそうです。

ニオイをとる砂 猫砂