MacBookProも魅力的?

先日発売されたMacBookAirの記事「MacBookAir 2020は魅力的」で今年発売されたMacBookAirは凄く良いと紹介しましたが、それからそんなに経たずしてMacBookProも新しい製品が発表されました。個人的にも非常に興味がありますのでAppleのホームページのスペックを簡単に表にしてみました。

MacBookPro 2020

費用は単にカタログに載っている製品では無く快適に使えるさまにメモリとCPUを強化した物としています。メモリは16GB、CPUはCore i5にしています。またSSDはクラウド等のストレージを使いますのでそれ程大容量は必要ないと思い256GBとしています。実際これ以上の容量が欲しい場合は外付けのMvMeドライブを使えば内蔵SSDと同等な速度で利用できます。

項目MacBookAirMacBookPro
CPUCore i5
クロック1.1~3.51.4~3.9
メモリ16GB
メモリクロック3,733MHz2,133Mhz
メモリ規格LPDDR4XLPDDR3
SSD256GB
TouchBarNOYES
動作時間11時間10時間
重さ1.29Kg1.4Kg
値段(税込み)148,280円159,280円

この表からするとメモリが遅かったりMacBookProの方がMacBookAirよりも先に開発が進められていたのではと思ってしまいます。そしてMacBookAirとMacBookProの違いっていったい何?と考えてしまうスペックです。

やはりMacBookAirが良い

普段使いやiPhoneのアプリを開発するならMacBookAirで十分だと思います。メモリも拘束ですので開発時のストレスが殆ど無いと思います。確かにCPUは若干遅いですがメモリの速度でカバーできそうです。たたMacのソフトを開発する、TouchBarのアプリを作ると考えるとMacBookProを選ばざるを得ないと思います。

同程度のスペックで値段も1万円安く重さも有利で動作時間も長いですのでまだMacBookAirがお勧めです。